スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち・・・

2013.10.20.00:35

2013年10月19日土曜日

ココママのお友達「ルークとの日々」のルーク君
10月18日お空へ・・・旅立ちました。
DSC03348_convert_20121109235456.jpg

ココママが先代ビーグルのコロを亡くして涙してたころ
辿り着いたブログでした。

闘病生活で頑張ってるビーグルちゃんもいるんだと思うと
泣いてばかりもいられなくなり
ルーク君とママさんが一日でも長く一緒に暮らせるように・・・
と祈る毎日。。。

写真はブログで知り合って約一年
帰国した時に逢いに行った時のもの

ブログで見るのと同じ
愛嬌のある可愛いビーグルちゃん

帰り際にワンワン吠えてくれた姿がとても印象的でした。

長い闘病生活、ママさんと一緒に頑張ったね~
11歳と22日、お疲れ様~
お空でうちのコロも待ってるから~
ゆっくりカラダ休めてね~

201310182030005eb.jpg

11歳のお誕生日の写真
ママさん勝手にお借りしましたm(__)m

家族に愛されて旅立ったルーク君

しあわせな犬生だったね~

またいつの日かどこかで会える日まで・・・

スポンサーサイト

思い出・・・

2013.08.06.23:58

2013年8月6日火曜日

前回のブログでUPしたミイちゃんの思い出・・・

台湾出身のミイちゃん、日本でもいい環境の中

ご家族と暮らしてた時期がありました

写真はミイママに代わってお姉ちゃんが撮りました↓


黄金色の田んぼコースの散歩道風景



林檎の林コースではミイママはリードを短めに持って・・・

それでも落ちてた林檎をゲットすると・・・

ミイちゃん、目つきも変わります!!



ミイちゃん二番目のお気に入り、キャベツ畑コース

野菜畑からは色々お土産ももらって帰るそう・・・

前回のブログを見てメールをくれたミイママ

ミイちゃんを見送って・・・色々考えてしまってるようです。

メールから・・・

ミイちゃんを医療不備なフィリピンにまで連れてきてよかったのか!?

医療よりもご家族緒と一に暮らせることが幸せ

日本に預けてたらもっと長生きできたのでは・・・?

そうかもしれないけど、ミイちゃん寂しい思いするよ

一緒に連れて来てよかったと思ってるのは自分達だけなのか?

いえいえ、ミイちゃんもご家族と一緒でよかったに違いない!


犬生11年、どこまでもいつまでもご家族と一緒・・・

介護して最期まで看取れて後悔してないと思えるご家族

素敵なご家族と送れた犬生

幸せいっぱい、愛情いっぱい感じて旅立ったに違いない

ココママと同じ、もし今度犬を飼うとしたらビーグルだって

私のこと笑えないと言うミイママ

私が笑っちゃいました

ビーグルにハマっちゃったミイママ

これからもココ&ココママのお友達でいてね

長生きしました!!

2013.02.03.22:23

2013年2月3日日曜日

ココママは高雄に住んでもうすぐ19年、
怖いものであと数年したら日本で暮らしてた年数も超えてしまう~

そんなココママが幼子連れて高雄の暮らしを始めて数年した頃
お友達んちに可愛い子犬がやってきたぁ~

名前は「リボン」
犬種はパピヨン

うちの子はお友達のことを「リボンちゃんのおばちゃん」と
呼んでいます・・・20歳過ぎても・・・

そんなリボンちゃん、先日17年という犬生を全うして
お空に行ってしまいました。

リボンちゃんはおばあちゃん子でよくお友達のお姑さんから
ウマウマもらって食べてた割には長生きできたんだよね~

やっぱ老後は自由にさせてあげるのが一番なのだろうか・・・

先月、遊びに行った時撮ったリボンちゃんです


DSC04095_convert_20130203221257.jpg

リボンちゃん、よかったらうちのコロちゃんにも
逢いに行ってやってください~

みんなあちらで仲良くしてね

やっぱりつらい・・・

2011.07.13.23:15

KOROの姿がみえないこの部屋
なんともいいようのない空しさ・・・

最期の時間が脳裏に蘇るとき
どうしようもない
自分のハートが握りつぶされるような
苦しさを味わっってしまう。

数日前の元気な姿を思い起こしては
見えない姿に思いをはせる。

こんなことになって本当につらく苦しい・・・
KOROの為にも私がこんな気持ちでいてはいけないことは
100も200も承知の自分と
それがコントロールできない自分が交差している。

息苦しく弱っていくあの子を私一人で見ていられず
長男の携帯に何度も電話するが留守電のまま・・・
震える手で家にも何度電話したことか。。。

心臓マッサージになったときはも駄目だと思った。
現実を受け入れられない、怖くて傍に近寄れなかった。

最期はもう、無理ならもう止めてください、と
私の口から申し出た。

13キロあるこの子を自分の両手両腕で
抱いて家に連れて帰った。

一晩、リビングのKORO専用のソファーで休ませ
夜中ずっと寄り添った。
頬ずりして「愛してる」と何度もつぶやいた。
コロママのこの想いが伝わっただろうか。

別れの朝は朝日が綺麗で写真を何枚も撮り
KOROの顔をもう一度見てみた。

なんとも穏やかな顔になっていたKORO
唯一心が救われた。

名残惜しく携帯カメラで2ショットを何枚も撮る。
自分でいうのもなんだけど、いい写真ばかり撮れた。

今になって右腕が筋肉痛で痛む。

最期にKOROを抱きかかえて帰った証だけが残った。

KOROのいない日が一日一日過ぎていく・・・・






プロフィール

ココママ

Author:ココママ
日々の出来事や
お空に逝ったKOROのこと2代目ビーグル犬ココのことなどを綴っています

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご用の方はこちらへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。